iPhone Xs Maxを1か月使ってわかった3つのデメリット

[chat face=”man1″ name=”” align=”left” border=”blue” bg=”blue” style=”maru”]iPhone Xs Maxが気になっているけど、メリットの記事ばかりでデメリットについても知りたい。[/chat]

と、いう質問に回答します。

本記事ではiPhone Xs Maxを1か月ちょっと使用して感じたデメリットを3つ紹介したいと思います。

関連記事  ミニマリストがiPhone XS MAXを買ったのでレビュー

僕はiPhone Xs Maxが発売された2018年9月21日に速攻購入して、2018年11月7日現在も使っています。

そろそろ良い点、悪い点が見えてくる頃なので、記事にしました。良い点については他のブログに書かれていることがメインなので、使ってみて感じた悪い点を書いていきます。

iPhone Xs Maxのデメリット① 傷がつきやすい

公式では「スマートフォン史上、最も強靭(きょうじん)なガラスのデザインで、傷の耐性を持っている」と書かれています。

確かに、上からの力。例えばiPhoneを落として上からの力がかかる場合は強いと思います。何回か落としましたが、割れませんし。

でもね、擦り傷・・・。これには弱いです。

僕はiPhoneのデザインが好きなのでガラスフィルムは貼りたくないんですね。なのでそのまま使っているんですが、普通に擦り傷が目立って悲しくなります・・・。

圧迫に強くて擦り傷に弱いって・・・。

素直にガラスフィルムを使うことを推奨します。

iPnone Xs Maxのデメリット② 重い

サイズや画面のでかさは知ったうえで購入したのでまったくデメリットだとは思いません。

大画面での動画鑑賞や読書・ゲームにはとても重宝します。

しかし、夜布団の中でYoutubeなどをみるときは手を上に伸ばしてみることが多いのですが、重くて腕が痛くなります。

普段の使用ではあまり気にならないのに、重さのせいで地味に腕が痛くなるのはデメリットですね。

iPhone Xs Maxのデメリット③ サイドの汚れが目立つ

せっかくのゴールドステンレスが台無し・・・。

今はレザーフォリオを使用しているので問題ありませんが、裸で使用していたときに側面のステンレスに皮脂がついてかなり目立ちます。

関連記事  iPhone XS MAX レザーフォリオ使用感レビュー
せっかく背面は指紋がつきにくくていい感じなので、側面の汚れは致命的でした。

毎回拭くのも面倒ですし、背面のように汚れにくい加工をしてほしいと思いました。

終わりに

おもに使っていて嫌だな…と思うiPhone Xs Maxのデメリットでした。

サイズがでかい!とか、画面が大きい!と、いうのは使っていれば快適になりますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です