キャッシュレス

キャッシュレス生活のメリットとデメリット

キャッシュレス生活 メリットとデメリット
キャッシュレス生活に興味があります。メリットやデメリットを知りたい・・・。

という質問に答えていきます。

この記事を書いている僕はキャッシュレス生活2年目に突入しました。今では現金使用率は10%前後まで減らすことができています。

この経験から見えてきたキャッシュレス生活のメリットやデメリットを紹介します。

もし、あなたがキャッシュレス生活の限界を知りたいのであればぜひ、ご覧ください。これからキャッシュレス生活を送るうえで必要なことがわかりますよ。


キャッシュレス生活 必要なもの

キャッシュレス生活を送るうえで必要なものは、

  1. クレジットカード
  2. 電子マネー

の、2点です。

片方だけでも十分、キャッシュレス生活を送ることはできます。でも、2種類あったほうがよりキャッシュレスの幅を広げることが可能です!

キャッシュレス生活 クレジットカード

使用用途は主に固定費やネットショッピングで使用します。

現金を使わずに支払う方法として一番イメージしやすいのがクレジットカード。

コンビニはもちろん、光熱費やクラブ会費、食費の支払いなど幅広く利用ができるユーリティープレイヤー。

使用金額に応じてポイントのキャッシュバックがあることも利用するメリットですね。クレジットカードが1枚あるだけで現金を使う回数がグッと減ります。

キャッシュレス生活 電子マネー

コンビニやスーパーなどの生活費として使用します。

電子マネーといえば楽天EdyやSuicaなどが代表でした。

しかし今では「LINEpay」や「Applepay」が主流となりつつあります。現在(2018年12月)には「PayPay」が話題となっていますね。

電子マネー普及の目となればいいのですが・・・。

クレジットカードと違い、支払いはサインレスで瞬時に終わることが魅力です。コンビニなどでの少額決済時に役に立ちますよ。

まずは、日々の支払いをこれらの方法に変えてみることがキャッシュレス生活への入り口となります。

電子マネーのメリット、デメリットは「ミニマリストが伝える電子マネーのメリット|モバイル型がおすすめ」と「キャッシュレス生活は快適|電子マネーのデメリット」を参照してください。

キャッシュレス生活のデメリット

キャッシュレス生活のデメリットは、

  • 現金しか使えない店がある
  • 機械のトラブルがある

です。

デメリットは予想しやすいですよね。単純に現金しかつかえない店だと詰みます・・・。

なのでお店に入る前にレジ付近を見たり、ネットで決済方法を調べてお店に行くようになりました。これである程度は避けることができます。

現状、僕の生活圏内で現金しか使えないことは、

病院

毎月、歯医者と皮膚科に通院しています。皮膚科はクレジットカードが使えるのでいいですが、歯医者は対応していないので渋々現金払いをしています。

家賃関連

クレジットカード決済に対応している賃貸も増えてきているみたいですね。でも、僕の契約している賃貸は現金オンリーです新居に引っ越しました。引っ越し先はクレジット決済OKです!

毎月、振込が面倒です。年間で100万円くらいの支出ですからね・・・。

クレジットが使えればかなりポイントも貯まると思うんですけどね。一応、毎年クレジットカード支払いに対応できないか要望は出していますが、無視され続けています。

役所での支払い

市役所、町役場での証明書交付に必要な手数料は現金しか使えませんね。たまに、住民票をとりにいくことがありますが、300円現金で支払っています。

外食

先程も書きましたが、ラーメン屋やうどん屋など現金のみしかダメなお店もあります。とくにラーメンは大好きなので行ってしまいますね(笑)その場合現金支払いをしています。

あとは電子マネーが使えるお店がメンテナンスで現金払いしかダメになっているとき。

キャッシュレス生活をしているため財布はあまり持ち歩くことがありません。なのでこういった状況になったときに焦ります(笑)。

先日、suica決済ができる某ラーメン屋にいったとき、決済端末の調子が悪くて電源が入らない場面に遭遇しました・・・。あのときはApplewatchだけつけて行ったので(現金はもたず)ひやひやしましたよ。

このようなデメリットがあるので現金は少しでいいのでスマホに忍ばせておくといいですよ。

でも、デメリットを差し置いてメリットがたくさんあるので僕は気にしていません。

キャッシュレス生活のメリット

キャッシュレス生活のメリットは次の3点です。

  1. 支出の見える化
  2. 引き落とし日の統一
  3. ポイント還元

です。

1つずつ見ていきましょう。

キャッシュレス生活のメリット① 支出の見える化

ほとんどのクレジットカードは家計簿アプリに紐づけることができます。これにより、支出の内訳が一目で把握することができるようになります。

僕は家計簿をつけることがあまり得意ではありません。何度か挑戦したことはありますが、長くは続きませんでした・・・。

でも、家計簿アプリの登場によって得意ではなかった家計簿も自動的に作成されるので重宝しています。

よくクレジットカードは使い過ぎが怖いといいますが、しっかりと管理さえすれば問題はないですよ。むしろ、月ごとに支出の管理ができるので無駄をなくすことができます。

キャッシュレス生活のメリット② 引き落とし日の統一

ガス代、家賃、電気代、携帯代、水道代・・・など固定費って引き落とし日がバラバラですよね。

毎月、使用明細を見て計算して、給料口座から引き落とし口座に都度金額を振り込む。

めんどくせぇぇぇぇぇーーー

と思うのは僕だけでしょうか?

よくインスタグラムで家計の管理写真を投稿している人がいます。すごいなーと思う反面、面倒だよな・・・って思っちゃいます。

固定費の多くがクレジット決済に対応しています。クレジット決済であれば引き落とし日は月に1回。

確認すべき明細も1枚に集約されるため管理もしやすいですよ。

ぼくは固定費のほとんどをクレジットカードで引き落とすようにしています。

僕がクレジットカードで支払っている固定費は、

家賃

クレジットカードの普及が増えていることもあり、毎月の家賃をクレジットカードで引き落とすことができます。

年間で100万円の支払いがあるわけでして、かなりのポイントがたまります(笑)

通信費(携帯電話/スマホ)

スマホ使用料はクレジットカードで支払うことができます。例えばドコモユーザーであればdカードGOLDを支払いに設定すれば使用料金の10%のポイントがもらえるメリットがあります。

通信費(インターネット回線)

僕は家の回線を「BroadWiMAX」で契約しています。もちろん、このBroadWiMAXもクレジットカード払いが可能!銀行口座引き落としも選択できるのですが、クレジットカードにした場合、設置費用が無料になるという特典がありました。クレジットカード払いにすることで銀行口座振込にはないメリットを受けることができます。

月額料金も3,000円代なので家計にもやさしいです。興味があれば回線の切り替えをしてみてはどうでしょうか。

BroadWiMAXの詳細をみる

光熱費(ガス、電気)

毎月発生する電気代やガス代もクレジットカードで支払うことができます。僕の住んでいる地区は水道代だけは、クレジット支払いができないため、泣く泣く口座引き落としをしています。

NHK受信料

取立てがなにかと話題のNHK受信料。ちゃんと払ってますよ。これもクレジットカードでの引き落としに対応しています。

などを支払っています。

キャッシュレス生活のメリット③ ポイント還元

クレジットカードは利用額に応じてポイントがつきます。

例えば利用者が多い楽天カードの場合、

100円の支払いにつき1%のポイントが還元されます。

仮に月々の固定費が10万円なら毎月1000ポイントが還元されるので、1年間で12,000ポイントの還元になりますね。

この12,000ポイントは楽天サービスで使うことができるので楽天トラベルでちょっとした旅行に行くことだってできますよ。

他にもイオンカードであれば特定の日に買い物をするだけで5%のポイントが付いたりしますよね。

現金払いや口座引き落としならこういったポイント還元はありません。

このようにキャッシュレス生活にするだけで多くのメリットを得ることができます。

楽天カードを申し込むだけでもポイントがもらえるのでおススメです。さすがイニエスタやヴィジャを獲得できるだけあります(笑)

キャッシュレス生活 その他の支払い

固定費以外でキャッシュレス化しているものってあるの?

タイトルにあるとおり90%キャッシュレスです。固定費以外の場面でもキャッシュレスは十分可能ですよ。例えば、

自動車税もクレジットカードで支払うことができます。住んでいる地区によっては、「現金支払いのみ」という遅れた地区もあるようですね。

それから、車を乗る上では、加入すべき任意保険もクレジットカードで支払うことができます。僕の契約している保険会社では、支払い方法をクレジットカードにすることで、割引があります。

車検もクレジットカードでOKですね。昨年、更新したばかりでしばらくないですが。

関連記事 LINE payで税金は支払える?ポイントはつく?|自動車税を払ってみた

ガソリンもクレジットカードに対応していますね。ちなみにガソリンスタンドが発行しているクレジットカードもありますね。

僕も昔、イオンカードとコスモ石油がコラボしたカードを持っていたことがあります。それを利用することで、通常の3円引きという恩恵を受けていました。今は、近くにコスモ石油がないので解約しましたね。

ネットショッピング(楽天市場、Amazon、メルカリ、ラクマなど)

ネット通販があたりまえの時代になりました。利用したことがある人も多いんじゃないでしょうか?

クレジットカード払いだと即入金ができるので、即日発送してもらうことも可能になります。コンビニ払いだと、わざわざコンビニにいく必要がでてきますし支払いが遅れれば商品が届くのも遅くなりますからね。

関連記事 ラクマの支払いは、LINE pay(ラインペイ)がおすすめな2つの理由

新幹線、飛行機、高速バス

旅行へ行くときに、新幹線等を利用しますね。もちろん、新幹線の切符も、飛行機のチケットも、高速バスの支払いだってクレジットカードで購入することができます。

あなたも経験がありませんか?新幹線の切符を購入しようと思って緑の窓口にいったけで人の渋滞でなかなか切符を購入することができなかった経験が・・・。それもクレジットカードがあれば並ばずに家で切符を購入することができる時代になりましたよ。

コンビニ・スーパー

僕のコンビニ使用頻度はファミマ⇒ローソン⇒セブンの順で利用しています。スーパーはイオンをよく利用しています。ほとんどのお店でクレジット、電子マネー決済に対応しています。

外食系

僕がよく利用する外食は、

  • 牛丼屋
  • 寿司屋
  • ラーメン、うどん、そば
  • 居酒屋、BAR
  • ステーキ屋
  • ファミレス

あたりですかね。

牛丼屋といえば吉野家、松屋、すき家あたりだと思いますが、このうちすき家だけがクレジットカードを利用することができます。まぁ、suicaが利用出来る松屋に行く頻度が高いですけどね。吉野家は現状、waonのみ利用することができますね。最近、ほかの電子マネーにも対応したみたいです。僕が行くところは交通系もOKでした。

居酒屋やBARも個人経営のお店以外はだいたい利用することができています。仕事等でファミレス(主にデニーズ)を利用しますが、問題なくクレジットカードを利用することができます。

しかし、ラーメン屋、うどん屋では利用できる店舗が少ない気がしますね。

ちなみに、よくイオンを利用するのですが、イオン内に入っている飲食店はクレジットカードやsuica,idが利用できるのでありがたいですね。ほんと、イオンだけあれば現金はいらないですよ(笑)。

このように生活の90%をクレジットカードと電子マネーを利用することでキャッシュレス生活をすることが可能になっています。

しかし残りの10%は現金を使わざるをえない場面もあります。

終わりに

どうでしたか?現金しか使えない店やサービスは仕方がないとして、現金を使わなくても十分生活ができることがわかったのではないでしょうか。

まずは固定費をクレジットカード払いにすることからやってみましょう!

ABOUT ME
アークサイド
アークサイド
2018年4月よりブログ運営を始めた兼業ミニマリスト。キャッシュレス生活2年目に突入。基本、どこ行くのも手ぶらです。