ミニマリスト

ミニマリストのカバンの中身|持ち物は最低限

ミニマリストのカバンの中身がみたい

ミニマリストって普段何を持ち歩いているの?

ミニマリストといえば最低限の持ち物しか持ち歩かないイメージが強いですよね。

僕は、普段ポケットに入るものしか持ち歩かないようにしています。

持ち物を少なくすることで、本当に必要なものだけ持ち歩くことができるようになるからです。

本記事では「ミニマリストのカバンの中身|持ち物は最低限」について書いていきます。

持ち歩くものを見直すきっかけになれば嬉しいですヽ(・∀・)ノ。

ミニマリストの持ち物リスト

f:id:dicekds644:20180413211647j:image

普段、持ち歩いている必需品です。

通勤時はカバンを持ち歩いていますが、中身は水筒とタオルくらいしか入っていません(笑)。

本当は通勤時もカバンを持たなくてもいいと思うんですけどね。こうやって並べてみると見た目も美しくないですか?

ミニマリストの持ち物 iPhone X

これ1台で情報収集から情報発信までなんでもやってくれる有能ツールです。

通話、メール、アプリ、音楽、ゲーム、ブログ、その他。iPhone7以降はApplepayが使えるので財布替わりにもなりますよ。

ジャケットの胸ポケットか、ズボンの右前ポケットにいれて持ち歩くことが多いです。

ミニマリストの持ち物 Apple Watch Series3

iPhoneと連携することで電話やLINE等の通知を瞬時に教えてくれます。

時計のくせにApplepayを使うことができるミニマリストにおすすめしたい時計です。

iPhoneが手元になくてもApplepay(suica、ID、QUICPay)を利用して支払いをすませることができます。

少しの遠出であればApple Watch Series3だけでも十分です。いつも左手首につけて歩いています。

ミニマリストの持ち物 小さい財布 abrAsus(アブラサス)

ミニマリストに大人気の財布です。

abrAsus(アブラサス)というブランドから発売されています。同シリーズでは薄い財布が有名ですが、僕は 小さい財布のほうが使いやすいので好きです。

小さい』財布というだけあってカードサイズの大きさしかありません。

この小ささで紙幣×10枚、カード×5枚、小銭を収納することができます。そして見た目がかわいい(笑)。定位置は右ポケットか左ポケットです。

ミニマリストの持ち物 小さい小銭入れ abrAsus (アブラサス)

小さい財布と同じブランドの商品です。

これは小銭専用の財布です。このサイズで500円×1枚、100円×4枚、50円×1毎日、10円×4枚、5円×1枚、1円×4枚の合計15枚999円分収納出来るからすごいですよね。

小さい財布にも小銭を収納できますが形が崩れるので別途小銭入れを持ち歩いています。鍵と一緒にカラビナにつけているので邪魔にならない点もポイントが高いです。

ミニマリストの持ち物 Apple AirPods(2018/05/07追記)

最近購入しました。iPhoneと連携できるワイヤレスイヤホンです。

専用のケース(充電機能付き)に入れておくだけで充電をしてくれるスグレモノです。

サイズもとても小さいのでポケットに入れても違和感がありません。

 

最低限の持ち物ですが最大の効果を発揮してくれます。僕は外出時には、この5つのアイテム(リスト)を持っていくだけでいいので準備も楽ですよ。

ミニマリストのEDCとは

EDCとはEvery Day Carryの略です。海外で流行っているもので「毎日ミニマルに持ち運ぶ最低限の必需品」という意味です。

見た目の美しさからInstagramでも人気があります。

あなたにも毎日持ち歩いている必需品ってありますよね。でも本当に最低限のものですか?

他の方のEDC
f:id:dicekds644:20180413212448j:image
https://www.instagram.com/p/Bhgdfc6nE7a/

f:id:dicekds644:20180413212504j:image

https://www.instagram.com/p/Bhel51bAP67/

f:id:dicekds644:20180413212613j:image

https://www.instagram.com/p/BhZ_wo3nDVq/

まとまりがあって美しいですよね。

おわりに

普段の生活で必要最低限の持ち物リストを作ってみましょう。

意外と必要な物の少なさにびっくりするのではないでしょうか。

持ち歩くものが少ないと忘れ物の心配も盗難の心配もありませんよ。そして1度手ぶら生活を味わうと快適すぎて外出するのが楽しくなります。