manacaのチャージにクレジットカードを使う方法

マナカのオートチャージ方法

manaca(マナカ)って知ってます?

東海圏に住んでいる人は知っていると思うのですが、名古屋版suica(交通系ICカード)です。

このmanacaですが、チャージするときは駅の券売機やコンビニでチャージするしか方法がありませんでした。一応、「名鉄u’sカード」というクレジットカードを使ってチャージすることもできますが、専用の「ミュースターステーション」でしかチャージができません。

しかし、、、

ついにmanacaにオートチャージすることができるクレジットカードが登場しました。

「おお!これでまた一歩、東京に近づいたな・・・」と思いきや、まったく使えないクレジットカードでした。

本記事では「ついにmanaca(マナカ)がオートチャージに対応!でも、まったく使えない3つの理由」について、書いていきます。東海圏民の方は必見の内容です。

manaca(マナカ)のオートチャージ始まる

平成30年春、名古屋市営地下鉄で交通系IC乗車券「マナカ」のオートチャージサービスを開始いたします。オートチャージサービスをご利用いただいたお客さまには、現金でチャージする手間がなくなる等、様々なメリットを体感していただけます。

株式会社名古屋交通開発機構(愛知県名古屋市、代表取締役社長:原口 辰郎)と株式会社オリエントコーポレーション(東京都千代田区、代表取締役社長:河野 雅明)が提携して発行するクレジットカード一体型マナカ(※1)またはマナカリンク型クレジットカード(※2)をご利用いただくことでオートチャージが可能となります

関東圏でsuicaをご利用の人にはお馴染みのオートチャージ。名古屋版suicaであるmanacaにはオートチャージ機能がなかったんですね!

交通ICカードを使って電車やバスを利用している人は経験があると思いますが、改札口を出ようとして残高不足・・・。行列のできたチャージ機に並んだりしたことありますよね。

とても、面倒!

そんな時にオートチャージがあれば残高不足を気にしなくていいということになりますよね!

今回は、そのオートチャージができるため話題になったんですね。

オートチャージってなに?

あらかじめ○○円以下になったら自動で××円入金するというサービスです

例)1,000円以下になったら2000円チャージする。

manaca内のチャージ金額が1,100円あって、その状態で改札をでるとチャージされません。

manaca内のチャージ金額が500円であって、その状態で改札をでると2,000円チャージされます。

オートチャージのメリット

オートチャージのメリットは、まず残額を気にしなくてもよくなることでしょうか。

私も定期圏外の場所に行ってmanacaを利用する際に残額があったかどうか不安になることがあります。

カードタイプなので基本的には残額をみることができませんからね。

アプリを使えばスマホでも残額を確認することもできますが、対応しているスマホでないと無理です。なので、残額を気にせずに改札を通過できるので便利です。

ちなみに交通系ICカードの残高を確認できる商品も発売されていますよ。

それから、チャージをいちいちしなくてよくなることでしょうか。

残高不足の度に改札を通過しようとするとエラーがでで、後ろの人に迷惑をかけて恥ずかしさを味わったり、朝のクソ忙しい時にチャージの列に並ばなくてはいけなかったりと、チャージするだけでもかなりの手間がかかることが多々ある気がします。

しかしオートチャージができればこれらのいらいらを解消することができますよね。

オートチャージするためには?

manacaにオートチャージするためには、クレジットカードを紐付ける、もしくはクレジットカード一体型のmanacaにする方法があります。

どのクレジットカードでも紐付けることができたら使ってみようかなってきになるんですけど、特定のカードしか紐付けることができません。

紐付けることができるカードが今回発表されたwellow cardだけです。ココ最近キャンペーンかなんかでよく駅でビラ配り&勧誘キャンペーンみたいのをやっていましたね。

f:id:dicekds644:20180314163051j:image

f:id:dicekds644:20180314163110j:image

http://www.wellow.jp/card/

manaca クレジットカード「Wellow card」の特徴

ポイントの還元率0.5%、会員費 初年度無料、2年目以降1,250円かかるごくごく普通のクレジットカードです。年会費は年に1回利用すれば無料になります。

正直、manacaのオートチャージ専用カードとしか使い道がないです。

ポイントの還元率が高いわけでもなく、デザインも惹かれるもんではありません。

manacaオートチャージがダメな3つの理由

せっかくオートチャージに対応して利便性があがると思ったのですが、思った以上に使えないことがわかりました。正直ガッカリしています。その理由がこちら。

1.地下鉄しか使えない

オートチャージされる交通経路が地下鉄線のみ対象となります。

愛知県では地下鉄の他、名鉄線、近鉄線、JR線、あおなみ線、リニモなど多くの鉄道が走っています。しかし、地下鉄線しか対応していないのです。(2018/9/28現在)
これはいかがなものか。

2.市バスは対象外

市バスもオートチャージ対象外です。

これも他の鉄道線と同じで市バスはオートチャージありにしてもいいのではと思いました。定期券でも市バスと地下鉄の組み合わせだと割引があったりしますからね。なぜ市バスはだめなのか?意味がわかりません。

3.ポイントの還元率が低い

まだ始まったばかりなので、クレジットカードの種類がwellow cardに限られる点は仕方ないとして、カード自体に魅力がまったくありませんよね。もっとカードの利点を最大にしないと契約伸びないんじゃないかな?

例えばsuicaのオートチャージの場合viewカードだとチャージ額の1.5%ポイントが還元されます。でもwellow cardはオートチャージに利用したとしても通常の買い物と同じく0.5%のポイントしか還元されません。

せめてオートチャージは1%のポイントを還元するくらいに還元率を上げるとかした方がよかったのでは?

せっかくオートチャージが始まったのに、あまり話題になっていないことをみると期待はできなさそうですね。

終わりに

結論、manacaのオートチャージは必要ない!

まだ試験的に地下鉄から運用を初めていくのだと思うけど、あまりにも利点がなくて使う意味がないですね。

現状はapplewatchやiPhoneのapplepay(suica)で足りてるし、使い勝っても良い。

クレジットカードもLINEpayカードでチャージした方が2%の高還元だし、好きな時に、家とかでも自由にチャージできるしこっちのほうが便利だよね。

できれば、モバイルmanacaを実装してくれないかな?それか名古屋でもsuica定期使えるようにするとか!なるべく持つカードは減らしたいんですよね。

お願いします!!モバイルmanaca!!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です