【2018年版】アドセンスの審査に一発合格した話

Google Adsenseに合格する方法

[chat face=”woman1″ name=”” align=”left” border=”red” bg=”red” style=”maru”]何回やってもアドセンス審査に合格できません。審査に通った秘訣を教えてほしいな・・・。[/chat]

という質問に答えます。

本記事を書いている僕はブログをはじめて1か月でアドセンス審査に挑戦し、クリアすることができました。

現在(2018年12月)はアドセンス審査に合格することが難しくなっているみたいでTwitterなどでも話題になっていますよね。

本記事を読んで何か役に立てばいいなーと思いアドセンス合格に向けてやったことを書いていきます。

アドセンス 審査をクリアしたときのステータス

アドセンス審査に合格したときの期間は約1か月です。

僕は2018年2月25日にブログを開設して、1日に1~2記事を書いていました。今はWordpressに移行していますが、申請時は「はてなブログ」で運営。

それで約2週間後の2018年3月13日にアドセンスの申請をしました。記事数は15記事

審査結果が出るまでは記事の更新はしませんでしたね。

まつこと10日、2018年3月23日に審査合格のメールがきていました。

他の方のブログをみてるともっと短期間で通過した人もいるみたいですが平均は10日くらいみたいですね。

アドセンス審査で意識したこと

特別にアドセンスの審査を気にして何かを書いたということはないですね。

心掛けたことは、

  • 毎日更新する。
  • それなりの内容(情報量)がある。
  • 文字数は1,500字以上
  • 記事はオリジナルで書く!(コピペをしない)

くらいですね。

よくブログを書く前にライバルの記事を見たほうがいいって聞くと思うけど、僕はしませんでしたね。

理由は「記事はオリジナルで書くこと」を意識していたからです。もし他の記事を読んでいたら同じような言い回しや構成になってしまう可能性がありますからね。

またサイトポリシーを載せる必要があると言われていますが、よくわかならかったので有名ブロガーのサイトポリシーをお借りしました。

アドセンスに関するQ&A

Google AdSenseってなに?

「Google AdSense」(グーグルアドセンス)とは、自分(自社)のWebサイトに広告を掲載することで収益を得ることができる、Googleが提供するサイト運営者向けの広告配信サービスです。

Google AdSense(グーグルアドセンス)とは? 基本的なしくみを理解しよう | Google AdSense | できるネット

よくサイトに宣伝のビラが貼ってあってありますよね。あれのことです。そしてこの仕組みを利用することでブログを書いて収益が発生するビジネスです。

Google AdSenseは誰でもやれるの?

僕「俺ができるくらいやで?誰でもできるに決まってんだろ」

はい、PCやスマホがあれば誰でもできます。

ほとんどの人がスマホを持っている現代ですからね。

誰でもブログを開設して、自由に発信することが可能です。もちろん、記事を書く!ということが前提条件にありますが私でも一応書けていますので大丈夫です!(何が大丈夫なんですかね…)

Google AdSense開設までにかかった初期費用

アドセンスブログをやるためには無料ブログではダメです。

私の使っている「はてなブログ」は無料ブログですが、費用を払えば有料ブログにすることができます。

はてなブログの有料化が年間約8,000円、ドメイン(住所)の取得に350円、合計8,350円の初期投資を行いました!

ドメインの取得は定番の「お名前.com」というサイトです。

色々なドメインを取得することができます。人気の「ne.jp」とかだと高いですね。人気のないドメインは1円であるので気に入ったものを選ぶといいんじゃないかな?

このブログのURLはsumaho-minimalist.infoです。この.infoがドメインとなります。これでアドセンスの申込ができる条件になります。

おわりに

Google Adsenseにクリアすればブログに広告を貼ることができるので収益を得ることができます。

アドセンス収入に関する記録は、「ブログって稼げるの?副業としてどうなの?|ブログ生活1か月目の記録」で公開中です。興味があれば読んでくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です