キャッシュレス

キャッシュレスにおすすめのプリペイドカード3選

ミニマリストがおすすめするプリペイドカード
困ねこ
困ねこ
キャッシュレス生活がしたい。プリペイドカードを考えているけど、おすすめってあります?

と、いった質問に回答します。

どうも、アークサイドです。

プリペイドカードは種類が増えてどれがいいのかわからないですよね。

どのプリペイドカードもメリット、デメリットがあって、僕も悩まされてきました。

試行錯誤しながらプリペイドカードを使い続けた結果、「これは使い勝手がいい!」と思ったプリペイドカードが3枚ありましたのでご紹介しますね。

プリペイドカードを選ぶきっかけになると嬉しいです。


ミニマリストがおすすめするプリペイドカード

僕が使ってみてよかったプリペイドカードは、

  1. Kyash
  2. LINE Payカード
  3. au wallet

の3種類です。

1つずつ特徴を紹介していきます。

おすすめプリペイド① kyash(キャッシュ)

f:id:dicekds644:20180622095341j:image
スマホアプリ「Kyash(キャッシュ)」を利用することでVISAブランドのヴァーチャルカードが発行されます。

アプリ同士での送金や実際にインターネットでカードを使った決済をすることができます。

このkyashですが、先日リアルカードが発行されるようになり、実店舗で利用することができるようになりました。

Kyashのメリットは次の3つ。

  1. 2%のキャッシュバック
  2. クレジットカードでチャージが可能
  3. スマホで利用可能

①利用金額の2%がキャッシュバックされます。

今まではLINEpayカードが100円につき2%の高還元率カードでしたが、そのサービスは限定的なものとなってしまいました。

その終了をまっていたかのようにサービスが始まりました。

②クレジットカードからチャージできる。

このkyashはクレジットカードからチャージすることができます。しかも、チャージした分、クレジットカード側のポイントがたまります。

つまり、クレジットカードのポイントとkyash利用のポイントをダブルでもらうことができるわけですね。

③スマホアプリをダウンロードすれば誰でも利用ができる。

au walletカードのように原則、auユーザーしか利用できないカードもありますが、kyashであればスマホを利用していれば誰でも利用することができます。

機種変更、キャリア変更をしたとしても問題なく利用できる利便性はいいですね。

おすすめプリペイド② LINE Payカード

f:id:dicekds644:20180622095354j:image
スマホアプリ「LINEpay」を利用することでJCBブランドのLINEpayカードを発行し、利用することができます。

先程、書いたように今までは100円につき、2%のポイントが付与されていましたが、改悪によりそのサービスが限定的になりました。

しかし、まだまだ利便性では十分利用する価値はあります。

LINE Payカードのメリットは次の3つ。

  1. 銀行口座チャージが便利
  2. LINE Payが便利
  3. 条件によっては高還元率

1つずつみていきます。

①銀行口座チャージが便利

多くの銀行口座に紐づけることができます。紐付さえしてしまえば、瞬時にその銀行口座からチャージすることができます。しかも手数料0円。

オートチャージ機能を組み合わせることで、疑似的なデビットカードに早変わりします。

②LINEpayが便利

LINEpayカードを利用しなくてもスマホでQR(バーコード決済)を使ったり、送金機能を使うことができます。

カードを持たなくてもコンビニであればスマホを使って決済できるなど利便性が向上しています。

③状況に応じて2%の高還元カードになる。

新インセンティブプログラムが始まりLINEpay利用者は毎月ランク(カラー)がつけられるようになりました。

このランクによって100円の支払いにつきもらえるポイント率が変化します。一番いいランクが今までと同じ2%、次いで1%、0.5%、0%の4段階です。

おすすめのプリペイド③ au wallet

f:id:dicekds644:20180622095409j:image
auユーザー限定になってしまいますが、au walletカードは使えます。

ポイントの還元率はあまりよくない(0.5%)ですが、それ以外の利便性が最も優秀です。

au walletカードのメリットは次の2つ。

  1. Apple Payに対応
  2. オートチャージ機能

①Applepayに取り込める

プリペイドカードでApplepayとして利用することができます。全国のQuickpay+対応店舗で利用できます。

カード決済ではサインが必要な場合がまだまだ多いですが、Quickpay+であればサインレスで支払うことができます。

コンビニに行くくらいであればiPhoneだけ持っていけば買い物できる点も良いですね。

 

②チャージしなくてもいい

プリペイドカードは事前にチャージが必要とデメリットで書きましたが、じぶん銀行と組み合わせることでチャージをしなくても利用することができます。

簡単にいえば、じぶん銀行のデビットカードとして利用することができる感じですね。

最後のau walletプリペイドはauユーザー限定ですが、その他の2枚は今のところ最強のプリペイドカードです。

プリペイドカードのデメリット

まず、プリペイドカード共通のデメリットを書いていきます。

使えないお店がある

VISAやMASTER、JCBが使える店舗であれば基本的には利用することができます。

しかし、ガソリンスタンドや公共料金の支払いなどに利用することはできません。

コンビニやスーパーでは問題なく利用できるため、そこまでデメリットではないかもしれませんね。

3Dセキュアに対応していない

基本的にプリペイドカードは3Dセキュアに対応していません。
※先日dカードプリペイドが対応しましたね。

3Dセキュアとはインターネット上でカード決済するときに行う本人認証サービスのことです。

これにより不正利用などを防ぐ効果があります。

チャージする必要がある

クレジットカードと違い、事前にチャージした金額しか利用することができません。

お金の管理がしやすいメリットはありますが、少額しかチャージしない人にとってはめんどくさいと思います。

補償が弱い、ない

クレジットカードであれば不正利用や商品の盗難などでは大きな補償を受けることができます。

しかしプリペイドカードであれば補償があってもわずかな補償しかない場合がおおいです。

まぁ、海外旅行や大きな買い物以外であれば十分プリペイドカードでも問題はないと思いますよ。

それでは僕のおすすめするプリペイドカード3枚を紹介していきますね。

まとめ

kyashもLINEpayもApplepayに対応していない点が個人的には不満ですね(笑)

kyashはApplepayに対応するような噂はあったのですが、いまだに噂のままです。

実現することで更なる利便性がでてくると思います。

あと、どれも家計簿アプリに紐づけることができるので家計管理も楽になるメリットがありますよ。

ABOUT ME
アークサイド
アークサイド
2018年4月よりブログ運営を始めた兼業ミニマリスト。キャッシュレス生活2年目に突入。基本、どこ行くのも手ぶらです。